【2016年】
 【2015年】
 【2014年】
【講演会】
終了しました

講演会「雨ニモ負ケズ亜米利加ニモ負ケズ」

 詩人のアーサー・ビナードさんのお話「雨ニモ負ケズ亜米利加ニモ負ケズ」を開催します。宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」の世界と今の日本、TPP、遺伝子組み換え作物、原発、放射能、秘密保護法をジャーナリストの視点から語っていただきます。

 講師の紹介
詩人・翻訳家・絵本作家
1967年7月2日、アメリカ・ミシガン州生まれ。
ニューヨーク州コルゲート大学で英米文学を学び、在学中にイタリアへ2年余り遊学した後復学、卒論を書く中で日本語と出会い興味を持つ。
1990年、卒業と同時に来日した。
豊かな言語センスに加えて、旺盛な好奇心と研究心、何より人間を見つめる心の温かさが多くの詩作を生み出し、高く評価されるに至る。
2001年、詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞を受賞
2005年、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞を受賞
2007年、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞受賞
2008年、詩集『左右の安全』(集英社)で山本健吉文学賞を受賞
2012年、『探しています』(童心社)で講談社出版分か絵本賞受賞
2012年、広島文化賞を受賞

 日 時:12月10日(水)

 会 場:ユニコムプラザさがみはら・調理自習室1
     小田急線相模大野駅徒歩3分 地図

 プログラム
  13:30〜15:00 お話
  15:00〜16:00 軽めの懇親会

 参 加 費:800円

(2014.10.15)