バックナンバー
------------------------------------------------------------

    有機ネット神奈川メールニュース  第26号
      http://kanagawa-yuki.net/

                         2010.10.01
------------------------------------------------------------
【 今日のニュースとお知らせ 】
 ■有機大豆栽培講習会・第3回「収穫」を開催します
 ■【かながわ・ゆうき畑】新規就農して
 ■【案内】国際有機農業映画祭2010


■有機大豆栽培講習会・第3回「収穫」を開催します
  7月から始まった有機大豆栽培講習会の第3回目「収穫」を
 10月31日(日)に開催します。
  実習畑の大豆も、8月の除草と土寄せを経て、しっかりと実が
 付いてきました。会場は引き続いて津久井根っこ農園(相模原市
 緑区長竹)です。

  ● 日 時:10月31日(日) 13:00〜16:00
  ● 講 師:橋恭一氏
       (神奈川県農業技術センター普及指導部)
  ● 会 場:津久井根っこ農園圃場(相模原市緑区長竹)
        現地集合
  ● 参加費:500円
  ● 参加申し込み・お問い合わせ
     有機農業ネットワーク神奈川事務局
      >> webinfo@kanagawa-yuki.net
     お申込みフォーム
      >> http://kanagawa-yuki.net/entry/entry_101031.html

  ・津久井根っこ農園
    http://kanagawa-yuki.net/map/s6.html


■【かながわ・ゆうき畑】

          新規就農して

                 みらくる農園・木田 恵美子

  私は、群馬県赤城村(現在は渋川市)で生まれ育ちました。野
 原や山で遊び、山菜類を食べたり、時には「熊がでるから気をつ
 けなさい!」と周知されることも・・・ 非常に自然環境がごく
 当たり前に身近にあったのです。

  ある時TVで酸性雨の被害や砂漠化の進行、地球規模で環境の
 変化、破壊が進んでいることを知りました。当たり前のように
 あったものが当たり前でなくなってきている!何かしなきゃいけ
 ない!! そんな想いから東京農業大学へ進学しました。はじめは
 海外の国際協力に関心を持っておりましたが、サークル活動等で
 国内の農家で作業をさせていただくようになると、次第に自分で
 耕すことに興味を持つようになりました。

  いつまでも永続的に安心して耕作できる土壌を残していくには、
 有機質を使った土作りが不可欠。有機農業といっても、実践され
 ている皆様はそれぞれ工夫を凝らしている様を見学させていただ
 き、自分なりのやりかたを模索していきたいと思いました。大学
 卒業後、様々な事情により、10年あまり会社員として都心で働き
 ました。その間、多くの方々が土に触れることを求めていること
 を感じました。実際の生産の場で、消費者の皆様が土に触れる機
 会を作れないか? 都市農業の生産者である自分に何かできない
 かと思っています。

  去年一年間、相原農場で研修させていただきました。通いでの
 研修のため非常に大変でしたが、皆様が温かく迎えてくださり、
 大変感謝しております。運よく横浜で農地を確保することができ、
 現在、横浜市都筑区、緑区合計2反を耕作しています。今後規模
 拡大を切望しておりますが、まずは今お借りできている畑をしっ
 かり管理することで、次につながるのではないか? と信じてい
 ます。それから、先日初めて直売を開きました。駐車スペースを
 お借りし、軽トラの荷台に野菜を並べています。決して派手では
 ないけれど、直売スペースを地域の憩いの場であったり、お野菜
 や農業についてお話できたり、そんな「公園」のような場所にで
 きたらと思っています。

  通い農業であり、主婦であり・・・ そこを生かしたスタイル
 を今探しているところです。きっとそんな自分だからできる、自
 分しかできないやり方があると思っています。駆け出したばかり
 で今はとにかく周りの皆様にご迷惑をかけないことで必死です。
 是非ともご指導の程よろしくお願いします。


 ・みらくる農園
   http://kanagawa-yuki.net/map/s22.html

  ※随時、会員のはたけ便りを掲載します。


■【案内】国際有機農業映画祭2010
  11月27日(土)、国際有機農業映画祭2010が、国立オリンピック
 記念青少年総合センター(東京・代々木))で開催されます。今
 年のテーマは「たね・水・いのち」で、海外の4作品を含む9作
 品(日本初公開3作品)の上映が予定されています。ロビーでは、
 有機農業関連の展示や書籍の販売に加え、自家採種関係の資料も
 展示予定。有機ネット神奈川も、昨年に引き続いて有機農業相談
 ブースに参加します。

 ●国際有機農業映画祭2010
  日 時:2010年1月27日(土) 9:30 〜 20:30 (開場 9:00)
  会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター
      カルチャー棟大ホール
  参加費:一般 2,000円、若者 1,500円(25歳以下)

 【上映作品】
  『アフガンに命の水を 〜ペシャワール会26年目の闘い〜』
                     (2009年/日本/56分)
  『ミシシッピー』(2009年/米国/27分)
  『海と森と里と つながりの中に生きる』(2010年/日本/35分)
  『「緑の革命」光と影』(1992年/インド/52分)
  『パーシー・シュマイザー、モンサントとたたかう』
                    (2009年/ドイツ/65分)
  『種を採る人』(2009年/日本/26分)
  『雑草』(2008年/韓国/45分)
  『水俣の甘夏』(1984年/日本/55分)
  『田んぼは僕らの教室だ!』(2009年/日本/45分)

  詳しくは http://blog.yuki-eiga.com/ まで

============================================================
【メールニュースの配信・解除】
  配信、解除は次のページよりお手続きください。
   http://kanagawa-yuki.net/mlnews/mlnews.html
------------------------------------------------------------
【バックナンバー】
   http://kanagawa-yuki.net/mlnews/mlnews.html
------------------------------------------------------------
 編集・発行:有機農業ネットワーク神奈川
   info@kanagawa-yuki.net
   http://kanagawa-yuki.net/
============================================================